上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.11.08 heat tech
Tシャツにジャケットでは肌寒くなったこの頃です。12月上旬くらいの肌寒さになる、という天気予報が耳に入ったので少し暖かい服を着よう、と。
薄いカシミヤのニットにジャケットくらいがちょうどいいかと思ったのですが、これが失敗でした。思いのほか暑い。
原因はヒートテックかと。考えてみれば毎年真冬はヒートテック+ニットにレザーorジャケットで過ごしているのだから、ヒートテックの出番はまだちょっと早かったか。。


http://www.uniqlo.com/try2/index.html?cm=1


uniqloの回し者ではないのですが、本当にヒートテックは暖かい。冬でも薄着で身軽なファッションが好きなので、数年前から冬には欠かせないアイテムです。
今年のCMにはStephen Gan氏が起用されています。ヴァリエーションも豊富になって、今年のヒートテックはちょっとおしゃれな感じだ。
2008.10.22 ...


DSC_0598.jpg


...

2008.10.22 openers
http://openers.jp/

にてLe Baron de ParisでのDiorのパーティの映像が公開中。
2008.10.18 It's Time



Madonnaは優秀なビジネスウーマンである以上にアーティストだと実感させられる映像です
2008.10.14 BLOW
DSC_06191.jpg


「WILD HORSES~A NAN GOLDIN EXHIBITION FOR DIOR HOMME(ワイルド ホース)」
期日ギリギリで行ってまいりました。
大きな音が鳴り響く中、ナン・ゴールディンの写真を見るという不思議な体験でした。


この写真展の次は

Dior Homme “Petite Taille”
DIOR Omotesando
October 25th - November 3rd 2008

カーラ・ブルーニを気取ってスモーキングを。
2008.09.11 Annette Messager
「アネット・メサジェ:聖と俗の使者たち」を見てきました。
とても「フランス」の「女性」らしい作品群で、無邪気でグロテスクな様は子供のよう。マッドサイエンティストの美しさに通じるような感じ?も感じたり。
作品も現代の家族の在り方を突きつける作品もあり、わあ綺麗、わあ凄いだけではすまない重さがありました。体力を使う作品が多いので少し疲れたり。
個人的にはピノキオの作品(確かカジノの一作品)が好きでした。

http://www.mori.art.museum/contents/annette/index.html


最近写真を始めたのですが、付属のストラップが恥ずかしいくらいださいのです。
市販のものでもそれなりにださくないものもありますが、僕が使っているのは0の0 STANDARD SLR CAMERA STRAP TYPE 1というストラップ。
レザーが使ってあって、かつオールブラックという僕の希望が叶っているストラップなので、気に入っています。値段が良心的なのも嬉しいです。長さ調節ができるのもいい感じです。
流石、デザイナーもカメラを使う人なのでかゆいところが分かるんですね。


http://www.z-e-r-o.jp/

00090708-999-front-l-thumbnail2.jpg


ちなみに、カメラバッグもかっこいいものがありませんよね。
いつも使っているDior Hommeのレザーのショルダーバッグは耐久性がないため、カメラのような重いものは向かないんですよね。なので、カメラを使わないときには保護ケースに入れて、0のコットンバッグとか、マークジェイコブスのエコバッグとかに放り込んで収めています。


今後は一眼で撮った写真とかもブログに載せれたらなあと思っております。
エディ・スリマン、揺るぎなき美意識を語る


http://www.honeyee.com/feature/2008/hedi_slimane/


honeyee.comでHedi Slimaneのインタビューが掲載されています。インタビュアーは梶野彰一さん。
Hediがファッションへのカムバックを明言しているのはやはり嬉しいです。僕も彼が去った後の迷子、ですし。
そして、驚いたのがHediの創り出したスタイルを、無自覚に受け継ぐ世代がパリのストリートに現れていること。たしかに、そんな世代が生まれるだけの時間が過ぎたのだなと思うのと同時に、自分が年を取ったのだなという感慨もありつつ、非常に濃いインタビューを読み終えました。


ついでに、前回のエントリのコメントで教えていただいたのですが、エディは来日時にgo getterに来店していたようです。
EASTPAKのボストンバッグとストライプのシャツをご購入されたそうです。最近、それに影響されてストライプのシャツをよく着ています。


http://go-getter.jp/




サロンに行った帰りに、表参道から渋谷までぶらぶらと歩いてみました。

□Dior homme

今期になって初めての訪問。
BROKEN HEARTのジャケットとニットが素晴らしい。ジャケットは着丈がかなり短いけれども、BROKEN HEARTの部分が繊細でクチュリエらしさがエレガントでした。
蝶のモチーフがやはり素敵です。高いけど、一個ほしいな。
あとはLumiere du Nordのコレクション(パテントレザーのシリーズ)は実物を見るより前から気になっていました。見た感想は、ブーツは思ったよりごつい印象でした。
シャツはラウンドカラーが気になります。スーツを着るときにはラウンドカラーのシャツを合わせるのもいいなあと、タイニーカラー一辺倒だった自分には新鮮に映りました。


dior-homme-lumiere-du-nord-061608-2.png


□MESA

キャットストリートにある、ヴィンテージショップ。
比較的リーズナブルな価格で、品のよいセレクトというバランスのよいお店です。
アクセスが少し難ではありますが、訪れる価値のあるお店だと思います。
オススメは、古着独特の柔らかく伸縮性のある生地のTシャツ。3000円くらいを中心に、揃っています。小さめのサイズが揃えられているので、ヴィンテージのサイズでお困りの方は是非。


http://www.mesa.jp/index.html


□ american apparel

久々に。
グレーのタンクトップを購入して、ドットパーカーがサイズ切れで諦めて、ルーズなラウンドネックTがいいなと思いつつも、今回は見送ってみました。
ちなみに、現在Terry Richardsonとのコラボアイテムが販売されていました。たしか、Tシャツとトートバッグでした。

2008.08.08 Phil in Tokyo
vandalscazalsfront.jpg


http://www.vanity.to/
今夜warehouseにて、cazalsのphilがDJします。
前回来日時のle baronでのcazals nightではphilのDJ playは見られませんでしたが(多分。朝まではいなかったので)、今回はタイムテーブルに入っているので大丈夫ですね。





Mr.Aが登場のPV。アンドレのグラフィティは原宿や渋谷ではよく見かけますが、最近青山でも発見しました。全てがアンドレの手によるものなのだろうか…は不明ですが。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。