FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.06.04 chanel mobile art
chn12_rpt1788_R0011311.jpg



http://www.chanel-mobileart.com/


先日、国立代々木競技場オリンピックプラザ特設会場で行われているシャネルモバイルアート展に行ってまいりました。


展覧の内容についてはサイトを御覧いただくとして、ここではそれ以外の情報を。


まず、チケットは必ず取ってから(つまり、予約をしてから)行くことをおすすめします。
当日券もあるようでしたが、かなり並んでいましたし、確実に入手できるかも分かりませんので。


入場すると、入場時間までソファーに座って待つ素スペースがあるので、少し早めに行っても立って待つ必要はありません。
流石はシャネルの行うアート展といったところでしょうか。
荷物を預けるクロークも用意されています。


入場は2名ずつ時間を空けながら入場するため、人が沢山いて展示物が見づらいといったことはありません。
入り口で渡されるMP3レコーダーのガイドに従って館内を歩くのですが、その声の主は多分草間彌生さん。
作品の解説といった味気ないものではなく、作品の理解を促すようなポエティックなガイドが流れます。


最後には


cma01.jpg



みたいなパンフレットがいただけます。
100Pぐらいありそうな、結構豪華なものです。


総じて、ラグジュアリーブランドのアート展だけあって、入場無料ですし、サービスは至れり尽くせりだし、流石のクオリティでした。
アートそのものもガイドの力もあってすんなりと入ってくるもので、小難しく考える必要のなく、純粋に自己内面と向き合う時間を与えてくれます。


個人的には暗闇の中で水面に街が映る作品が好きでした。


興味のある方は、是非予約をして行ってみてみてください。


なお、表参道のシャネルでは現在、モバイルアート展に展示されていないキルティングバッグを使ったアートが展示されています。
かなりアンニュイな作品ですが、なんだか僕はハマってしまいました。
こちらも是非是非。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sooo.blog58.fc2.com/tb.php/387-8f62b64f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。