上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.07.22 +J
20090708_tag.jpg

20090708_name.jpg


http://www.uniqlo.com/jp/corp/pressrelease/2009/07/070810_plus_j.html


fast fashion x designerには食傷気味だったけれども、これは期待できそう。


スポンサーサイト
2009.04.29 nancy
僕が何年もお世話になっている美容師さんが、先月新しいサロンをオープンさせました。
原宿アローズの近くです。
近くに大好きなカフェやレストランがいくつもある静かなエリアですが、サロンの帰りにはついつい寄り道をしてしまいそうです。

詳しくは、http://www.nancy-nancy.com/


aaa.jpg
2009.02.23 Close
Number (N)ineがクローズするとの話を聞き、またか、と肩を落としています。


Number (N)ineは僕がファッションに興味を持ち始めた、確か中学生の終わりごろには、異常ともいえる人気がありました。立ち上がりのときには長蛇の列が並び、立ち上がりの次の日には人気商品だったTシャツは粗方売れてしまっていたり。とにかく、異常な熱狂っぷりでした。

5~6年前からHedi Slimaneの服ばかりを着るようになって、それ以前のようには着なくなったのですが、それでもシーズンごとにチェックはしていました。特に、最近ヴィンテージに対する興味が強くなってくるにしたがって、Number (N)ineに対する興味も強くなっていただけに、今回の話は本当に残念です。

冒頭の「またか」というのには理由があって、僕のクローゼットに入っている大部分のブランドが、なんらかの形で終わりを迎えているからなのです。Hedi Slimaneは言わずもがな、Bali BarretだけでなくGreen(休止ですが)、その上Number (N)ineまでも。(N(N)のクローズの理由にはいろいろ邪推はできますが…)


最近はめっきり服欲が沸きません。
2008.11.26 vintage style
これまでも何度かvintageが好き、ということを書いたように覚えているのですが、アイテムを紹介したことがなかったなと思い、最近着たvintageの服を少しだけ紹介してみます。


DS12.jpg
(クリックすると写真が大きくなります)


jacket : vintage
shirts : vintage
denim : dior homme
boots : vintage
stole : american apparel
shade : dior homme
bag : 0(zero http://www.z-e-r-o.jp/)


全身vintage、もいいのですが、今回はデニムだけDiorのvintage加工のデニムを合わせました。靴は写っていませんが、2周年パーティが先日行われたcandyで購入したヒールブーツです。
vintageはサイズが難しいのですが、僕は直しなしで着れるものだけを選んでいます。直すのも一つの考えだとは思うのですが、たくさんのvintageの中から自分に合うものを探すという楽しみを大切にしたいので、あえて直しはしません。


Hedi辞任後は、vintageを買うことが増えました。新たな楽しみが増えたのはいいのですが、やはりHediのカムバックが待ち遠しいです。
2008.11.08 heat tech
Tシャツにジャケットでは肌寒くなったこの頃です。12月上旬くらいの肌寒さになる、という天気予報が耳に入ったので少し暖かい服を着よう、と。
薄いカシミヤのニットにジャケットくらいがちょうどいいかと思ったのですが、これが失敗でした。思いのほか暑い。
原因はヒートテックかと。考えてみれば毎年真冬はヒートテック+ニットにレザーorジャケットで過ごしているのだから、ヒートテックの出番はまだちょっと早かったか。。


http://www.uniqlo.com/try2/index.html?cm=1


uniqloの回し者ではないのですが、本当にヒートテックは暖かい。冬でも薄着で身軽なファッションが好きなので、数年前から冬には欠かせないアイテムです。
今年のCMにはStephen Gan氏が起用されています。ヴァリエーションも豊富になって、今年のヒートテックはちょっとおしゃれな感じだ。
2008.10.22 openers
http://openers.jp/

にてLe Baron de ParisでのDiorのパーティの映像が公開中。
最近写真を始めたのですが、付属のストラップが恥ずかしいくらいださいのです。
市販のものでもそれなりにださくないものもありますが、僕が使っているのは0の0 STANDARD SLR CAMERA STRAP TYPE 1というストラップ。
レザーが使ってあって、かつオールブラックという僕の希望が叶っているストラップなので、気に入っています。値段が良心的なのも嬉しいです。長さ調節ができるのもいい感じです。
流石、デザイナーもカメラを使う人なのでかゆいところが分かるんですね。


http://www.z-e-r-o.jp/

00090708-999-front-l-thumbnail2.jpg


ちなみに、カメラバッグもかっこいいものがありませんよね。
いつも使っているDior Hommeのレザーのショルダーバッグは耐久性がないため、カメラのような重いものは向かないんですよね。なので、カメラを使わないときには保護ケースに入れて、0のコットンバッグとか、マークジェイコブスのエコバッグとかに放り込んで収めています。


今後は一眼で撮った写真とかもブログに載せれたらなあと思っております。
エディ・スリマン、揺るぎなき美意識を語る


http://www.honeyee.com/feature/2008/hedi_slimane/


honeyee.comでHedi Slimaneのインタビューが掲載されています。インタビュアーは梶野彰一さん。
Hediがファッションへのカムバックを明言しているのはやはり嬉しいです。僕も彼が去った後の迷子、ですし。
そして、驚いたのがHediの創り出したスタイルを、無自覚に受け継ぐ世代がパリのストリートに現れていること。たしかに、そんな世代が生まれるだけの時間が過ぎたのだなと思うのと同時に、自分が年を取ったのだなという感慨もありつつ、非常に濃いインタビューを読み終えました。


ついでに、前回のエントリのコメントで教えていただいたのですが、エディは来日時にgo getterに来店していたようです。
EASTPAKのボストンバッグとストライプのシャツをご購入されたそうです。最近、それに影響されてストライプのシャツをよく着ています。


http://go-getter.jp/




サロンに行った帰りに、表参道から渋谷までぶらぶらと歩いてみました。

□Dior homme

今期になって初めての訪問。
BROKEN HEARTのジャケットとニットが素晴らしい。ジャケットは着丈がかなり短いけれども、BROKEN HEARTの部分が繊細でクチュリエらしさがエレガントでした。
蝶のモチーフがやはり素敵です。高いけど、一個ほしいな。
あとはLumiere du Nordのコレクション(パテントレザーのシリーズ)は実物を見るより前から気になっていました。見た感想は、ブーツは思ったよりごつい印象でした。
シャツはラウンドカラーが気になります。スーツを着るときにはラウンドカラーのシャツを合わせるのもいいなあと、タイニーカラー一辺倒だった自分には新鮮に映りました。


dior-homme-lumiere-du-nord-061608-2.png


□MESA

キャットストリートにある、ヴィンテージショップ。
比較的リーズナブルな価格で、品のよいセレクトというバランスのよいお店です。
アクセスが少し難ではありますが、訪れる価値のあるお店だと思います。
オススメは、古着独特の柔らかく伸縮性のある生地のTシャツ。3000円くらいを中心に、揃っています。小さめのサイズが揃えられているので、ヴィンテージのサイズでお困りの方は是非。


http://www.mesa.jp/index.html


□ american apparel

久々に。
グレーのタンクトップを購入して、ドットパーカーがサイズ切れで諦めて、ルーズなラウンドネックTがいいなと思いつつも、今回は見送ってみました。
ちなみに、現在Terry Richardsonとのコラボアイテムが販売されていました。たしか、Tシャツとトートバッグでした。

http://www.wwd.com/fashion-news/#/article/fashion-news/...

先月のWWDからという鮮度の低い記事ですが…


エディがファッションの世界に戻るつもりがあるってことを明言してくれると、嬉しいですね。
まぁ、この記事の要点はそこなんでしょうが、個人的には別のところに興味を惹かれました。


The Vogue Hommes Japan shoot is Slimane’s first in Tokyo, a “vibrant” place he said he wishes he could visit more frequently. His last trip was three years ago. “The young generation, they know so much about fashion,” he said. “It’s very impressive.”


ほんとかなぁ。何回も直前でキャンセルしてるから、日本ってそんなに興味ないのかと思ってました。
けど、エディにとっては日本は大切なマーケットだろうから、無下にはできないだろうけど…


“I don’t really think I quit fashion in a way,” Slimane said at the Grand Hyatt’s French Kitchen restaurant, clad in a Wrangler denim shirt, black jeans and an asymmetric angular haircut.


French Kitchenでインタビューってことは、やっぱりグランドハイアットに泊まったのかなぁ。エディならパークハイアットのほうが好きそうなのに、と思ったり。
ラングラーのデニムシャツにブラックデニムって、意外な格好。デニムonデニムってinなのだろうか?
ブラックデニムがコットンパンツのような真っ黒ならinなんだろうけど…
けど、きっとエディならかっこよく着こなしていたんだろうなぁ、と思ってしまいます。


どうでもいいけど、French Kitchenのフレンチトーストが食べたいなぁ。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。